ローン返済の滞納物件とは|スムーズに不動産の売却を行うためには専門業者のサポートが必要
家

スムーズに不動産の売却を行うためには専門業者のサポートが必要

ローン返済の滞納物件とは

お金と積み木

ローン返済が滞った不動産はやがて、差し押さえられた後に競売にかけられることになります。相場よりもかなり安い金額で処分された上に、ローンの残りは借金として返済する義務を負います。そのような事態を避けるために、任意売却を検討する必要があります。これは自分で不動産の売却先を探すことですが、そのためには任意売却に慣れた業者を探す必要があります。ローンを滞納した後は、その債権は金融機関から保証会社に移ります。その保証会社と交渉を行い、売却後に残った借金をどのように返済するのかを決めることになります。そこでいかに負担なく返済できるように話をまとめることができるかが、任意売却を行う業者の腕の見せ所というわけです。

不動産のローン返済を滞納した場合には、早急に任意売却を行うことが必要です。けれども事態の好転を希望してつい滞納を続けてしまうケースがあります。そしていつの間にか競売まですぐ間近に迫ることもあるわけです。このような状態であっても、任意売却を依頼することが大事です。競売決定通知が届いても、裁判所へ届けることで延期を申請することは可能です。債権者となる保証会社としても、競売よりも良い条件で売却されるならばより多くの回収が可能となります。また売却後に残った借金の返済が難しい場合には、その圧縮も可能となります。不動産の任意売却に慣れた業者であれば、債権者に対してそのような交渉も行うことができることになります。