住宅ローンの返済滞納問題|スムーズに不動産の売却を行うためには専門業者のサポートが必要
家

スムーズに不動産の売却を行うためには専門業者のサポートが必要

住宅ローンの返済滞納問題

女性

債務者の負担を少なくする

任意売却とは住宅ローンが返せない状態となったときに、競売を避けるための方法として債務者の負担を少なくしていく方法です。一般的に住宅ローンが返せなくなったときは、銀行などの債権者から残高分の回収が行われます。そこで住宅を競売にかけてその売却代金をローン残高分として返していきます。しかし、その売却代金がローン残高を下回った場合は、その残りを債務者が支払わなければいけません。競売には裁判所が介入するため、強制的な意味が含まれます。残高が支払えない債務者の負担に代わって登場したのが任意売却であり、債権者との同意を得た上で行っていくことができます。このような任意売却に対する相談は、不動産コンサルタントが対応しています。住宅ローンの返済に困ったときに相談でき、的確なアドバイスで問題を解決していってくれます。相談窓口は全国に対応しているので、最寄りの地区にて相談可能です。任意売却を知らない人もたくさんいるので、少しでも困った場合には力になってくれます。

具体的な流れ

住宅ローンが払えずに任意売却を望む場合、不動産コンサルタントが債権者と債務者との間に入って交渉や手続きなどをサポートしてくれます。任意売却は相談をしていけば内容によっては勧められるので、その場合は任意売却までの流れが説明されます。まず債権者との面談を行い、住宅を視察していきます。そして債権者への同意を伺い、売却活動に出ます。住宅の買い手があらわれたときに契約を成立していき、そこで任意売却が終了します。そこまでの間に不動産コンサルタントが付き添ってくれるため、とても心強い味方となってくれるのです。任意売却による住宅ローンの残高分は、分割して少しずつ返していく方法か、または債権回収会社に委託や売却をしていくことも可能です。住宅ローンの滞納問題は1人で抱え込まず、まずは専門機関へ相談してみることが大切です。